非公開で募集される検疫官ナース

検疫官ナースの求人はそもそもの求人数が少ないです。
その上、求人サイトでも人気求人のため非公開として会員しか応募できないようになっています。

検疫官ナースになるにはタイミングを逃さないことが何よりも重要です。
その理由は検疫官ナースの求人数が少ないからです。

そのため非公開求人が充実しているサイトに登録をし、募集があったら即応募という戦略が必要です。

非公開で優良求人が多いサイト トップ3

ナースフル
リクルートグループの「ナースフル」

リクルートの知名度と認知度を活かして非公開求人に優良求人が数多くあります。

また、面接対策にも経験のあるコンサルタントがアドバイスをしてくれるので成功率もアップしますよ!
arrow 公式サイトはこちら


看護Roo
東京の看護師求人なら「看護Roo!」

サポート力のある看護Roo。数少ない上場企業が運営する安心のサイト。(ナースフルもマイナビも非上場)

求人紹介は関東、関西、東海の一部にも関わらず2万件以上の求人を保有しており、利用者の満足度も高い人気のサイトです。
arrow 公式サイトはこちら


マイナビ看護師
関西の看護師求人なら「マイナビ看護師」

看護師の求人サイトの運営元は実は東京ばかりです。
そんな中でもマイナビ看護師は関西に支社があるため地元企業の求人が豊富にあります。

マイナビも知名度が高いため非公開求人は全体の4〜5割を占めていますよ。
arrow 公式サイトはこちら


バランスを考えたときの登録するサイト数

サイトへの登録は多ければそれだけチャンスが広がります。
しかし、数が多すぎても管理が大変ですし、定期的な連絡が面倒になったります。

2つのサイトへ登録をするのが管理上も手間ではありません。
一般的に企業の求人掲載は1社だけが多いため応募できるチャンスも1社登録より2倍も増えるといえます。

応募があるまでは英語であったり、感染症など検疫官に必要な勉強をすると面接での答えにも困らず臨めます。