一般的な仕事探しでは検疫官ナースにはなれない

検疫官ナースは人気の職種です。

検疫官は国家公務員にあたり、検疫官ナースも同等の待遇になります。
また、検疫官という職業は日本全国すべての空港にいるわけではありません。

羽田や成田、関西国際空港など一部の空港だけです。
そのため求人数が少なく狭き門となっています。

仮に募集があったとしても、人気がある上に専門的な職種となります。
一般の求人募集ではなく求人サイトの非公開求人で行われるのがほとんどです。

検疫官ナースとしての勉強も必要不可欠ですが、事前に転職支援サイトに登録しておいて、求人募集があったらすぐに応募できるようにしておく必要があります。

いますぐ検疫官ナースの求人を調べるなら求人サイトをチェックしましょう!

検疫官ナースの求人を掴む方法

検疫官ナース
  • 少なくても3つの求人サイトに登録をする
  • 検疫官ナースの求人がでたら即連絡してもらうよう依頼する
  • 即応募できるように事前に職歴を洗い出しておく
求人倍率の高い求人は応募がでても直ぐにうまってしまいます。気づいたことには応募を締め切られているなんて日常茶飯事です。
検疫官ナースのように人気の高い職種は複数の求人サイトに登録をし、求人の絶対数を増やすようにしましょう。
arrow 当サイト厳選!最強の看護師求人サイト

非公開求人のあるサイト

検疫官ナースって何をする仕事なの?

検疫官というのは、主に国際線のある空港内で人や動物、植物の検疫を行う人のことです。
その中で”検疫官ナース”というのは人間だけの検疫を行う看護師のことをいいます。
海外では日本にはない様々なウイルスや感染症、伝染病があるので、それが飛行機や人間を介して日本に持ち込まれるのを阻止することが検疫官ナースの役割となります。

求人倍率の高い検疫官ナース

検疫官ナースが人気の理由が公務員待遇を受けられるということです。
検疫官は国家公務員にあたるため、検疫官ナースになると同等の待遇を受けることができます。

成田空港のように24時間体制の検疫所が設けられている空港では夜勤もありますが、基本的には休日は4週8休、勤務時間は7時間45分と固定されています。

給与に関しても経験年数に応じて調整されますし、手当も豊富で安定しているというのが求人倍率を高くしている理由です。

日本を守るやりがいのある仕事

検疫官ナースには最前線で日本国民の健康を守るという使命があります。
その点でやりがいや誇りをもって仕事ができる仕事とも言えるでしょう。

病院勤務の看護師のように、患者さんが回復して元気になるという姿を見ることは出来ませんが、感染症にかかってしまうリスクがあるのも事実です。

病気を治すのではなく、病気を未然に防ぐという重要な任務となるので充実感を得られます。

検疫官ナースになるには?

空港の搭乗ゲート

検疫官ナースは、看護師の資格を持っていれば応募することはできますが、厚生労働省が行う採用試験を受けなくてはいけません。

仕事内容は、医師の診察補助や採血業務、予防接種業務など通常の業務に加え、検疫業務や感染やウイルスに関しての健康相談など専門的な業務も行います。

単に看護師の経験や知識があるだけでは合格しないので、検疫という仕事、感染症や伝染病、ウイルスの知識もしっかり学んでおく必要があります。

非公開求人のあるサイト